フェイシャルエステを受けたことはありますか?
自分で行うのとは違い、エステサロンなどでエステティシャンの方にマッサージなどをしてもらうのはとても気持ちが良いですよね。
リラックス出来て、贅沢な気持ちになれます。

そんなフェイシャルエステを行うエステティシャン。
彼女たちはどのような資格を持っているのだろう?と気になったことはありませんか?

実はフェイシャルを行うエステティシャンは、特別な資格などがなくとも行うことが出来ます。
美容師などのように国家資格などがないので、資格などがなくともエステサロンで働くことが出来ますし、施術を行うことも出来るのです。
ですが、資格を一つも持っていないエステティシャンに施術をされるのは、少し不安ですよね?
なので、ほとんどのエステティシャンの方が、何らかの資格を持っているのです。
特にスリムビューティーハウスなどでは徹底された教育が行われています。

フェイシャルを行うエステティシャンの方が習得している資格で最も多いのが、「認定フェイシャルエステティシャン」という資格です。
日本エステティック協会が認定している資格で、就職にも非常に有利になる資格なので、多くのエステティシャンの方が取得しています。
エステサロンなどに足を運ぶと、「認定フェイシャルエステティシャン」という表彰を飾ってあるところが結構ありますよ。
それほどポピュラーな資格なのです。

この資格は持っていて絶対に損はない資格なので、エステティシャンを目指しているという方は是非取得してくださいね。

通常ダイエットの大敵とされている油分ですが、程良い油を含んだ食事も美肌には必要とされています。
ここでは、なぜ油分ゼロでは美肌に良くないのか、何故良いのかをお伝えしていきたいと思います。

・程良い油分は、肌をつるつるに
ダイエット目的では遠慮したい油分ですが、油分を使わない食事ばかり摂っていると、油分の少ないカサつく肌になりやすいといいます。
私達の顔の皮膚には、通常水分と油分でできた皮脂膜というものがあり、空気中の雑菌などから肌を守る役目をしています。
それをバリア機能といい、水分は顔の皮膚の毛穴から出た汗などで出来ており、油分は皮脂腺から出される皮脂で出来ています。
汗を皮脂がバランス良く混ざることで、バリア機能は完成されます。
しかし、油分不足で皮脂が出なくなると、汗は水分なので蒸発しやすくなり、しわが出来やすくもなります。
程良い油分は、肌のバリアを機能させ、肌をつるつるの状態に保ちやすくなります。

・程良い油分は、便秘を防ぐ
人間の体は、尿と便が別々に排泄されます。
尿と便にはどちらとも体の中にある老廃物などが含まれており、排泄することで体を健康な状態に保っています。
尿には水分が多く含まれ、排泄は容易ですが、便の中には固くて排泄困難になってしまう場合があります。
程良い油分を食事で摂取していると、便が固くなるのを防ぎ、排泄しやすくしてくれるといいます。

・程良い油分は、食事の栄養をUP
食べ物の中には、茹でて調理したものと、油で炒めて調理したものでは、栄養が変化するものがあります。
例えば、人参にはカロチンが多く含まれていますが、半分で一日必要量のビタミンAが摂取されるといいます。
茹でて調理した場合は人参には水溶性ビタミンが多く含まれているため、茹で汁に栄養が流れてしまいます。
しかし、油で炒めて調理すると、人参に含まれるビタミンを逃すことなく、体内への栄養吸収率が高まるといわれています。
程良い油分は、食事の栄養をUPさせ、美肌を作るのにも良いのですね。

このように程良い油分は、美肌には絶対必要ということが分かりますね!

参考記事:コラーゲン系の食べ物にはどこまで美肌効果があるのか・・・?

フェイシャルエステを受ける際、エステサロンの内装や使っているインテリアも、気になってしまいますよね。
どこのサロンも、それぞれにオシャレな雰囲気を醸し出していて素敵です。
エステに行くだけでも、なんだかセレブな気分になれたり、女子力アップした気分になれるのは、そんなインテリアの効果も手伝っているのでしょう。
そんなエステサロンの中でも、特に気になるのは、フェイシャルエステを受ける際に横になるベッドです。
サロンによって、ベッドのデザインや寝心地なんかも全然違っていますよね。
フェイシャルエステを行う際に、座って角度を調節して使うような椅子型のベッドを使っているサロンもありますね。
こういった形のベッドは、施術される側も姿勢が楽だし、施術する側も高さ調節できて便利です。
ですが、可動式の椅子型ベッドの場合には、きっと価格もそれなりに高いものを準備しているのでしょう。
毎日多くの人が乗り、動かして角度などを調整するのですから、安物では持ちません。
それから、ただ寝転がって施術を受けるだけのベッドにしても、寝心地が良いものが多いですよね。
形としては、病院の診察室にあるものと大きく変わらないようなものがほとんどですが、寝心地には大きな差があります。
特に、セレブな雰囲気にこだわった高級感溢れるサロンなんかでは、ベッドの品質にもとことんこだわっている場合が多いものです。
フェイシャルエステは、数十分から1時間程度、仰向けに寝転がったままで施術を受けることになります。
けっこう長時間、仰向けに寝ているというのは、ベッドの寝心地が悪いと、腰が痛くなったり不快に感じたりするものです。
だから、多くのフェイシャルエステを行うエステサロンでは、ベッドにもお金をかけて、高価なベッドで心地よい施術を行っているものなのです。
エステでのフェイシャルメニューはそれなりにお金もかかるけれど、それだけの価値があるというのが、ベッドの品質からも納得できますね!

フェイシャルエステを実施しているエステサロンはたくさんありますが、できるだけスタッフの技術力に信頼性のあるところを選びたいですよね。
そんなスタッフの技術力を測るための基準の1つとなるのが、フェイシャルエステに関する資格を持っているかどうかという点です。
では、フェイシャルエステの資格には、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、日本エステティック協会の資格に、「認定フェイシャルエステティシャン」というものがあります。
これは、フェイシャルエステの施術を受ける顧客に対して、衛生面や安全面に考慮したエステの基礎理論と基本知識、基礎技術を提供できる技能を認定してもらう資格です。
日本エステティック教会という大きな教会が認定する資格なので、この資格を持つスタッフは信頼が厚いですね。
また、様々なスクールやエステサロンが独自に行っている資格試験というものもあり、多くの資格を持っているスタッフは、それだけしっかり知識と技能を備えていると考えやすくなります。
例えば、SOINビューティースクールというスクールでは、資格認定試験に合格することで、独自のディプロマが授与され、SOINビューティースクール認定フェイシャルエステティシャンの資格を取得することができます。
ただし、エステというのは、実は美容師のような国家資格の必要のないものです。
だから、無資格でエステの施術を行っている人もたくさんいます。
無資格でも、技術力が高いスタッフもいれば、知識もしっかりしているスタッフもいるかもしれません。
ですが、衛生面や安全性についてもしっかり学んで、基礎的なところを固めているスタッフのほうが、安心した施術を任せることができるのは言うまでもありません。

田中宥久子さんをご存知でしょうか。今年の3月に亡くなってしまったんですが、6年前に世界一受けたい授業に出演されていました。当時61歳だったのですが61歳とは思えないほどの美しいお肌をしていました。60代といは思えないほどシワもたるみもないその肌を見て美容整形しているのかな?と思ったら、独自に編み出した造顔マッサージのおかげとのことでした。
マッサージだけでそんなに効果があるわけないじゃないと思いながら、世界一受けたい授業に出演されているタレントたちが田中宥久子先生のレクチャーを受けながら造顔マッサージを実践。マッサージ自体はレクチャーしながらだったので10分弱くらいでしょうか。パターンがたくさんあるマッサージなのですが、基本は最後はこめかみのあたりから指先から手のひらすべてをフェイスラインにあててそのまま首をさすり鎖骨まで下ろすという形なので、覚えると簡単そうです。面白かったのは目にもマッサージがあったり、口元にも適したマッサージがありました。あごのあたりを両指で抑えて口角をあげるように左右の指を唇の形に沿ってあげていき、円を描くようにしながら鼻下まで指をスライドさせるというマッサージはほうれい線や口角が下がるのに効果的なんだそうです。田中宥久子先生のマッサージを受けたあと、タレントさんたちの顔が確かにスッキリしているんです。一番目に見えて変化があったのは渡辺徹さんでした。老廃物が溜まっている方ほど効果がすぐわかるそうです。即効性もあって、しかもお金もかからない造顔マッサージ、まさに国宝級と言っても過言ではないかもしれません。

「綺麗になりたい!」と思うようになって最近はエステに興味を持ち始めました。
友人はもうすでにエステに通っているけど、全然効果ない・・・なんて。
私からみたら、始めたころに比べれば全然違う顔になっている・・・そうとしか思えない。
一体どこに向かってエステに通いう続けているのか?をぜひ聞いてみたいです。
そんな友人に変わった姿をみて、私も少し変わってみたいと思って今話題になっている造顔マッサージを行うことにしました。

最初、造顔マッサージと聞いたときに「なんじゃ?」って正直思いました。
造顔ですよ。一体どんな表情でやればいいのか?言葉だけで恥ずかしくなってしまいます。
エステサロンで話をきいてみたところ、肌の下にあり筋力をマッサージして柔らかくすることによって、小顔になれるってやつです。

よくアンチエイジングや小顔対策にやっている人が多いみたいです。
実際にエステサロンで、造顔マッサージをやってみて、「気持ちがいいです!」

こんなにもマッサージが気持ちいいと感じたのが久々のこと。
いつもかゆかったり、くすぐったいとかんじたりして、気持ちがいいなんて思ったこと一回もありませんでした。
こう考えると、私の顔って凝りがたまっているのかな?なんて思います。

今は少しかじった程度だけど、これから先のことを考えると造顔マッサージをもっと積極的にやっておいた方がいいのかな?絶対あと1年後美についてもう一回考えるときがくるので、そうならないようにするためにも、今から造顔マッサージで予防しておこう!

誰もが将来の夢って持っていると思うんですが、私のしっかり夢を持っています。
それは、フェイシャルエステのオーナーになることです。
その夢に向かって、フェイシャルエステ店で働いています。
でも、なかなか技術を取得するまでには時間がかかってしまうんです。
そこで、見つけたフェイシャルエステ最短で3ヶ月でオーナー?!の文字を。

なんと、一番早くて3か月でオーナーになることができるんです。
フェイシャルエステには色々な知識が必要になってくるけど、それも全部習得できるんです。

そんな夢のようなコースがあると聞いて行かないわけにはいきません。

仕事との関係もあるので私は一週間に一回のタイプを選んだんですけど、案外仕事との両立が難しいことに気が付きました。
やっぱり3か月という短い期間で、フェイシャルエステのオーナーになることは難しいのか?

少し心が折れかけていたけど、頑張って仕事と勉強と・・・
そしてついに、3か月半でフェイシャルエステのノウハウを全部習得しました。
今は、開業に向かって頑張っている最中です。

自分のお店を持って、早く私の技術を発揮したいと思っている今日この頃です。
でも…開業をするためにはある程度の資金が必要だということに気が付いたんです。
ノウハウを学ぶことに一生懸命になってしまっていたけど、資金のことは一切考えていなかったんです。

これからの道険しくなってきそうな感じがしますが、これにめげることなく今度は資金集めに一生懸命に働きたいと思います。

フェイシャルエステなどを行うエステティシャンの方はたくさんいますね。
最近では主婦の方でもフェイシャルエステサロンの起業などを行っている方がたくさんいます。

フェイシャルエステを行うための資格は、特に必要ありません。
美容師などのように国家資格なども必要ではないので、言ってみれば、やる気になれば誰だって行うことが出来る仕事なのです。

しかし、お金をもらってフェイシャルマッサージ施術を行うのですから、やはり何かしらの資格を持っていた方が良いでしょう。
施術される側からしても、何の経験もないエステティシャンの方に施術されるよりも、資格や経験などを持っているエステティシャンの方に施術してもらった方が安心感が大きいといえます。

資格が絶対に必要というわけではありませんが、フェイシャルマッサージを学ぶことのできる学校やスクールなどがありますので、そういったところで一通り学んでおいた方が良いでしょう。

資格としては、「認定エステティシャン」という資格がポピュラーです。
エステティシャンとしての知識や技術レベルを示す、一つの指針といえる資格です。
この認定エステティシャンの資格を持っていると、お客さんも安心して施術を受けることが出来るといえます。
エステサロンの起業を考えている方は、まずは認定エステティシャンの資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。
ライセンスの必要がないエステティシャンですが、やはり資格は持っておいた方が何かと武器になりますよ。

フェイシャルマッサージを行うエステティシャン。
とても難しい資格などが必要と思われがちですが、実はエステティシャンはライセンス不要の職業です。
ライセンス、つまり国家資格が必要ではなく、どなたでも行うことが出来る仕事なのです。
とは言っても、やはりある程度の知識や技術がなければ勤めることはできません。
エステサロンに勤めるにしても、資格などがあった方が採用されやすいです。
では、フェイシャルマッサージを行うエステティシャンは、どのような資格を持っておくとよいのでしょうか?

エステティシャンの資格にはいろいろな種類があるのですが、最も有名な資格は日本エステティック協会が認定している「認定フェイシャルエステティシャン」という資格です。
この認定フェイシャルエステティシャンの試験を受けるためには、半年以上の実務経験+養成施設での授業過程が必要になります。
認定フェイシャルエステティシャンの資格はとても有名な資格ですので、取得すれば自分の強みになることは間違いありません。
エステサロンへの就職にも強みとなりますし、独立起業する際にも強みとなってくれるでしょう。

資格に強くこだわる必要はありませんが、資格を取得することで、知識や技術レベルも格段に向上するはずです。
知識・技術レベルが向上し、さらに資格という強みも手に入れることが出来る。資格取得にはそういったメリットが存在しているのです。

エステティシャンを目指す方は、ぜひとも資格取得を検討してみてください。

女性に人気となっているフェイシャルエステティシャンという職業。
特に美容関係に興味のある女性から高い人気を誇っている職業です。

エステティシャンという職業は、国家資格が必要ではありません。
現在日本では、特別な資格などがなくとも施術を行うことが出来るのです。
スクールなどで学んだ経験などがなくとも、自己流でお店を開くこともできます。

しかし、お客様からしてみれば、やはり資格がないというのは大きな不安要素になります。
資格も経験もない素人のエステティシャンに、お金を払って施術をしてもらいたがるお客様はあまりいません。
やはり資格や経験などのあるエステティシャンの方が安心感が高いのです。
それはエステティシャンに限ったことではありませんよね。
どんな職業であっても、資格を持っている人と持っていない人では、やはり持っている人の方に頼みたくなるものです。

エステティシャンの資格には、様々な種類があります。
国が定めている資格などがないため、民間による資格などが数多く存在しているのです。
認定トータルエステティックアドバイザー、認定エステティシャン、認定フェイシャルエステティシャンなどが有名所でしょう。

エステサロンを開業したり、エステサロンで働くということに特に資格などは必要ないのですが、やはり上記のような資格を持っておいた方が顧客をつかむことが出来るでしょう。
エステティシャンの職業を目指す方は、ぜひともエステティシャン資格を取得してみてください。